無料相談

Call:0120-946-610

メール

思いたった時が、変わる時!あなたが望む”もっと”に私たちは応えます!

  1. TOP
  2. 税理士変更をお考えの方

税理士変更をお考えの方

どうして、税理士を変更したいと考えるのだろう?

  • 経営に関する
    助言がない
  • 融資の相談に
    のってくれない
  • 節税に関する
    助言がない
  • 高齢税理士が
    話しにくい

全国24,950人の税理士に聞きました※1

私は、
経営アドバイスを
していません

63%

税理士24,950人 経営助言業務は行っていない/行っている/無記入

私は、
若い30歳代です

5%

税理士24,950人 30歳代/60歳代以上

※1 出所:日本税理士会連合会.
第6回税理士実態調査報告書.
2015年3月

ベンチャープラスの特徴

01

金融機関の現役顧問が経営サポート

02

銀行からの評価がUPする独自ツール

詳細はこちら

年間20億円融資支援

金融機関顧問の経験に、
若手税理士のアイディアをプラスしたツール

ベンチャー企業の爆発的成長には、銀行からの圧倒的支持が不可欠。

特徴 1銀行からの評価がUPする独自ツール

企業が成長する際には、成長資金、設備資金など、銀行融資との関係は不可欠となります。

銀行から圧倒的に評価を受けるためのサポートをすること。
税理士に必須の仕事だと、私たちは考えています。

私たち、VENTURE PLUSは、従来の税理士事務所の
数値資料(決算書など)に加えて、「銀行からの評価UP資料」をご提供します。

数値資料(経理会計/税金申告/システム資料)+銀行からの評価UP資料(経営判断値グラフ/Bank連携資料/税金カレンダー等)

分析/顧客動向

03

若手専門家集団がアドバイスの意味をもっと考えます

詳細はこちら

平均37歳税務職員

貴方の企業のことをもっと知りたい、
そんな会計事務所です

会計事務所の使い方を変えれば、もっと、もっと、企業は成長できる。

特徴 2アドバイスの意味を、もっと徹底的に考える。若手の専門家集団。

私たちの定義するアドバイスとは、会社の実態を把握した上に成り立つ、コミュニケーションや提案です。
会社の実態は、業績という”数字”を見ただけでは分かりません。

それら”数字”の背景を理解する必要があります。
一般的に「税理士事務所は経理屋」と言われています。
VEBTURE PLUSは、経理にPLUS”○○”をサポートをする専門家集団です。
(経理PLUS節税対策、PLUS融資支援、PLUSビジネス拡大支援…。)

“若手中心に、しゃべりやすい税理士。”
“企業の事を“知りたい”という欲のある税理士。”
私たち自身がベンチャー企業である、という若い情熱を
もって、アドバイスができる基礎に、徹底的にこだわる専門家集団です。

「業績、その背景を理解したい」

お客様の声

ビジネスモデルを練りあげ新規事業に2億円の融資が決定!合同会社S社 代表取締役K氏

新規事業の将来性、採算性について、ビジネスモデルを一緒に追及していただきました。
ビジネスへの想いを形にするには、ファイナンスが大変重要な位置を占めます。融資サポートをしていただいた際には、大変お世話になりました。今後も、どんどんと事業を拡大していきたいと思っています。引き続き、パートナーとして、長いお付き合いをよろしくお願いします。

※融資事案のため、会社名・代表者名は秘匿とし、本人承諾の下、表示しております。

本人申込みで1ヶ月半以上かかると言われた融資が、1週間で決定!株式会社M社 代表取締役K氏

事業を始める際に、一番心配だったのが、融資のことでした。金融機関へ本人だけで申込みをしに行くと、1,500万円という金額が大きかったようで、「1ヶ月半以上かかる」との回答でした。設備工事は着工する寸前で、正直焦りました。不安に過ごす中、VENTURE PLUSで、会社設立のサポートをお願いし、融資のサポートまでして頂きました。設備工事の支払いが迫る中、事業計画の作成から融資が決定するまでのスピード感には大変驚きました。
本当にありがとうございました。

※融資事案のため、会社名・代表者名は秘匿とし、本人承諾の下、表示しております。

よくある質問

Q1

税理士を変更する際に、どんな作業をする必要がありますか?

お客様の方で、行っていただくことは、2つだけ。
一つは、今の税理士へ、税理士変更することの連絡。
二つは、今の税理士へ、税理士が保管している資料を返却いただくことの連絡。
詳細については、Q2、Q3をご参照ください。

Q2

今の税理士さんへ、どのように連絡をすればよいでしょうか?

どこかで出会うこともあるでしょうし、喧嘩別れをして良い事は何もありません。
「親戚が税理士になったため…」や「金融機関との関係で仕方なく…」など、お互いのストレスにならないようなお断りの仕方を推奨しています。

Q3

必要な書類はどのようなものがありますか?

必要な資料は、決算ごとに税理士事務所から送られてくる、申告書・決算書・固定資産台帳・総勘定元帳・年末調整資料などがお手元にあれば大丈夫です。税理士が保管しているなど不明な場合についても、ベンチャープラス会計事務所が責任をもって、バックアップしますので、ご安心ください。

Q4

税理士を変更するタイミングは、いつがベストですか?

決算が終わった後に変更するのが、やはりベストなタイミングです。
しかし、期の途中であっても、ベンチャープラス会計事務所が責任をもってサポートさせていただきますので、いつご変更されても大丈夫です。
実際には、期の途中で変更されたお客様も大変多くいらっしゃいます。

メンバー

岡田 仁陽
YOSHITAKA OKADA

ベンチャープラス会計事務所 代表
四国内の金融機関 顧問

クライアントのことを何分でも語れる、そんなパートナーになりたいと願い、会計事務所を設立しました。クライアントに対して、常に、興味・好奇心を持ち続けた仕事をしていきたいと思っています。

私たちも、2013年に設立したベンチャー企業です。10年、20年と、ともに成長していけるパートナーになっていきたいと願っています。
金融機関の現役顧問であることや、上場準備会社の現役役員の経験を活かし、多くのベンチャー企業が、より成長していけるエンジンになっていきます。

PROFILE

高校卒業後 18歳の時、シャッター施工の一人親方を経験し、仕事の現場の厳しさを知る。

20歳の時、両親が経営する会社に勤め、家族経営の中で仕事をする。

21歳の時、夕方からの空き時間を使い、立呑屋を経営し、コミュニケーションの楽しさを感じる。

23歳の時、もっと広い世界で仕事がしたいと願い、公認会計士の勉強を始める。

25歳の時、日本最大の会計事務所である新日本有限責任監査法人へ入社。

多くの企業のビジネスモデルや上場準備会社の経営支援を経験し、また、金融機関への指導・監査業務等を通じて、金融モデルを学ぶ。日本を代表する企業への多くのアドバイザリー業務等を経て、2013年7月に会計事務所を設立、現在に至る。

生山 達郎
TATSURO IKIYAMA

TAX Manager

専門学校卒業後、2つの税理士事務所に勤務。10年の税務担当職員としての経験を積んだ後、縁あってベンチャープラス会計事務所へ入社しました。事務所としても、税務部門を束ねるマネージャーとしても、税務・会計に関する情報はもちろんですが真にお客様の役に立てるような幅広い情報を発信できるよう、日々精進しています。お客様に身近なビジネスパートナーとして頼っていただけるだけでなく、なによりも「ありがとう」ということばを言っていただけるように頑張っていきたいと思っています。

PROFILE

平成20年3月専門学校卒業

平成20年4月より高松市内の税理士事務所へ。会計・税務の実務を学び、毎月の月次監査から決算申告書作成補助までを担当。税務だけではなく、周辺業務である社会保険事務のサポートから税務調査の立会の補助も経験。その他、相続税・贈与税申告サポート、株式評価など多岐にわたる業務を経験。

平成24年5月より高松市内の税理士法人へ。前職と同様の業務を担当するなかで、経験を積み重ねることで、より具体的にお客様にとって最善のアドバイスやサポートができないかという視点でお客様と関りを持つ。

全てのメンバーを表示する

アクセス

オフィス
〒760-0056
香川県高松市中新町11-1
アクア高松中新町ビル3階(高松市内、中央通り沿い「中新町」交差点の
南東角ビル3階)
電話
0120-946-610

無料相談 お問い合わせ

必須

必須

必須

任意

< 個人情報の取り扱いについて >

個人情報の取扱について

当社は、お客様の個人情報の保護を最も重要な責務と認識し、お客様の個人情報を次のとおり取り扱います。

1.個人情報の定義

個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、その他の記述等により特定の個人を識別することが 出来るものを言います。これには他の情報と照合することが出来、それにより特定の個人を識別出来る事となるものを含みます。

2.利用目的

当グループは、ホームページなどで収集する個人情報に関しては以下の目的で利用を行います。
・セミナーの申し込み受付での出欠確認
・お問い合わせに関するお客様へのご回答
・グループ内で行うセミナー・研修・サービス等のご案内

3.利用

当グループは、お客様の個人情報を、「2.利用目的」で定めた範囲内で利用します。

4.個人情報の管理について

上記、個人情報の取得、利用、提供、保管等の実施にあたっては個人情報保護法、その他、個人情報保護に関する指針、条例等に沿って適切に行うものとします。

5.第三者への提供

当グループは、法令により例外として扱われるべき場合及び次の場合を除き個人情報を第三者に提供することはいたしません。?
・お客様より予め同意を得ている場合?
・利用目的達成のため、当グループが適切な監督を行う業務委託先、代理店などのビジネスパートナーに提供する場合?
・人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、・お客様の同意を得ることが困難である場合
・国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
・当グループ内の各部門が法人化等で個人情報を提供する場合

6.開示・訂正・削除

当グループは、個人情報を正確かつ最新の状態で管理するよう努めます。また、お客様から当事務所が保有している個人情報の開示を求められたときは所定の手続きに基づき速やかに開示します。その結果、万一誤った情報があれば速やかに訂正又は削除いたします。

7.安全管理

当グループは、取り扱う個人情報の、漏洩、滅失又は棄損の防止その他の安全管理のための必要かつ適切な措置を講じます。

8.従業員の教育・監督

当グループは、個人情報を従業員に取り扱わせるにあたっては、個人情報の安全管理が図られるように継続的な従業員教育を実施するとともに、適切な監督を行います。

ベンチャープラス会計事務所のホームページ

ベンチャープラス会計事務所

住所
〒760-0056 香川県高松市中新町 11-1 アクア高松中新町ビル3階
電話番号
0120-946-610
URL
http://www.venture-plus.jp
E-mail
info@venture-plus.jp
営業日
平日 (土日祝祭日を除く)
営業時間
9:00-18:00
会社設立の無料予約面談
平日20時まで、土曜日も受付中

ベンチャープラス会計事務所が提供する香川県での会社設立手数料 0 円サポート

香川県での会社設立(株式会社、合同会社)なら、ベンチャープラス会計事務所にご依頼ください。
起業、店舗の開業、個人事業主から株式会社への法人化など、会社設立からその後の行政への届出のサポート、融資や補助金、助成金の取得サポート、税務顧問まで、経営者のサポートを全力で行っていきます。
会社を設立した場合に、経営者と最も多くの時間を共有することになる専門家が私たち税理士です。
経営者の悩み、企業の悩みの窓口となるべく、情熱をもって、ベンチャー企業の成長を支援していきます。
当サポートは、ご自身で会社設立をするよりも、10万円おトクに会社設立ができます。
また、司法書士事務所などの他社へ依頼した場合、司法書士報酬を5万円から15万円かかることがあります。
当社は、会社設立に特化することで、他社と差別化した圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。
会社設立は、法務局への設立登記をするだけではありません。
会社設立の仕方で、その後の税務対策、節税対策、ビジネス上優先すべき取引への対応など、多くの影響が発生します。税理士を中心としたビジネスに寄り添う会社設立にてサポートします。
香川県で起業・会社設立をお考えの方は、ベンチャープラス会計事務所にお任せください。

PAGE TOP